読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

板さんのトライアル日記

30半ばを前にトライアル自転車を購入した無謀なオッサンのログ

亀岡カップに出場してきました

ついにこの日が…始めてから2年、上の子も巻き込んで2ヶ月。開催42回目を迎える亀岡カップに親子で参加してきました!f:id:studio-bloom:20161030220357j:image

その気にさせるために41回目に見学に行き、なんだかよく分からないうちに練習に連れてこられ、緊張のないまま迎えた当日。

まずは大会の雰囲気とか競技の内容を掴んでくれたらいいなーと。そんな訳で、エントリーは上の子がノーカラー、親父はホワイト。練習仲間からも「ホワイトだと優勝しますわ」とか言われてたんですが、なにせ初参加。右も左も分からないので、まずは簡単なクラスから。

ルールも厳密なところまでは把握してないし、知り合いも作りたいと思って、初心者向けにアドバイスをしながら回ってくれるGIANTの方と一緒にセクションを回ることにしました。

前日のセクション作りのお手伝いに行ってたので、どういうセクションかは把握してたのですが、先週の練習で四苦八苦してたステアが含まれるセクション1…ジタバタしても仕方ないわ、とスピードを乗せて突っ込んだら…ハンドル取られて焦り、両足着地…失格…orz
これでただでさえ脆い豆腐メンタルが顔を覗かせ、緊張しすぎのよく分からない状態へ…セクション3も慎重に行きすぎてソワシで体だけ先行して落車…もうガチで胃が痛いし顔色悪い言われるし、テンションガタ落ちです。

そんな時、GIANT外山さんから「コースに入るときの宣言を、声を大きく出すと気持ちが入る」というナイスアドバイス。なんとか気持ちを立て直し、クリーンで行けたセクションもあり、木綿メンタルくらいまでには回復。

2ラップ目は5点なしで、1・2ラップのトータル13点。なんとかまとめられましたが、セクション1がクリーンで行けなかったことが心残り…

しかしなんとかホワイトクラスで優勝することができました。f:id:studio-bloom:20161030221821j:image次はグリーンに出ようと心にしつつ、ステアケースなどグリーンに出るにはまだまだ課題が多いようです…

肝心の上の子は、登りのあるコースなどで落車が相次ぎ、最終的には7位。現地では悔しそうな素振りはなかったんですが、家に帰ってから少し理解が進んだようで悔し涙が出てしまいました。

その気持ちを持ってもらえることが今回の最大の目的だったので、明日からはそれをバネに一緒に練習に励もうと思います。

ちなみにぬかるんでるような緩い地面だと、片手離してスタンディングできるようになってました。f:id:studio-bloom:20161030222455j:imageお友達もできたようだし、自転車にもどんどん乗れるようになったけど、競技の面では悔しいという気持ちも…
今日1日でたくさんのことを得てくれたと思ってます。いやー楽しいなぁ。