読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

板さんのトライアル日記

30半ばを前にトライアル自転車を購入した無謀なオッサンのログ

今日も亀岡

初出場の亀岡カップ前後から亀岡トライアルランド通いが始まり、予定のない休みには行ってしまってるこの頃です。自転車は1台1000円という利用料で1日遊べるというのはなかなか良いのですが、月2回のペースで行くと会員になる方がお得なのです。
そんな「そろそろ会員になった方がいいで」のラインに近付きつつある最近。

今週末も日曜は雨、土曜は晴れだけど何も予定がない…絶好の亀岡日和だけど、数日前の祝日にも行ったばかりだし言い出しにくいなーと思ってたんだけど、上の子も行きたいと言うし嫁も悪い感触ではないので無理を聞いてもらって行ってきました。
f:id:studio-bloom:20161126224036j:image

子供の当面の目標は亀岡カップノーカラー優勝で、先日練習をご一緒させて頂いた「ホワイト優勝請負人」として名高い(!?)平野お父さんが設定された示唆に富んでいるセクションをベースに練習を重ねています。

今日も石に足を取られたり、逆バンクで転倒したりと思うように進まず悔しい練習が続くなか、練習に付き合ってた嫁はんが「どれだけ難しいのか自分も知らねば」とチャリにまたがり試走。
想像してたより難しかったみたいで、むしろ子供より意地になってトライを繰り返してました。これぞトライアル。

子供も最後の最後には足付き無しでクリーンを達成し安堵の大泣きw
ノーカラーのセクションよりは難しい設定になってるので、これをコンスタントにこなせるようになったら、優勝も夢ではなさそう。

嫁も体格に合ってない車両では難しかったようなので、前に子供に乗らせてた車両を嫁用に再セッティングして使ってもらおうかと。


一方の自分も、ウィジャンの練習の中で得た「ハンドルを引きつけながら車両を立てる」という動作がいろんな技に通じてるのではないか?というところでステアでの意識を変えてみたり、試行錯誤しつついろんなステアやソワシ降りにトライを重ねています。
嫁からも「降りるの慣れてきたね」と。

市中の公園だと他の利用者にも気を使いつつ、だけど、専用の施設だとその心配もなく集中して練習に取り組めるし、同じ目的で集まってる人たちなので一緒に練習できたり新しい知り合いができるので、環境としては最高なのです(特に子供にとって)。

亀岡通いは続きそうです。